2013年06月11日

為替の影響

完全に為替レートの計算方法を把握していることが大事になってくるのが、FX取引です。日本円や米ドルに置き換えた場合、どの外貨がどのくらいの価値を持っているのかが、差益や差損が分かるようになって掌握することができるようになります。

FXで為替取引をする場合には、多種多様な通貨ペアがあります。大勢世界の人が取引を行っている通貨ペアは、ユーロと米ドルです。だいたい日本でFxをする場合には、通貨ペアが日本円と米ドルになるようです。

実際通貨ペアの組み合わせは、南アフリカランドと円、ポンドと米ドルなどのようにとてもたくさんあるようで、迷ってしまうほどです。通貨ペアの中で、為替取引のレートでドルが入らないものをクロスレートと呼ぶそうです。

実際のクロスレートの計算で重要なことは、はじめにドルに対していくらの価値になるか計算することです。いちいち計算するのが煩わしいかもしませんが、取引の相場をドルを中心にして調べることで理解できることも多いといいます。

ユーロや円そのものに原因がたとえユーロと円の組み合わせで取引をしていたとしてもあるわけではないのです。変動する為替レートの要因が米ドルの動きにあると言えなくもないからです。

クロスレートでの取引を為替レートの計算をしながらやってみることによって、米ドル以外の取引ができるのでおすすめです。

米ドルで決済するペイパルなどカードにも影響はでますね。

最近は、普通にオプション取引も可能のようですが、ご注意を。過去も大きな損失をだしている企業や私立大学もご存じだと思います。

まさか!

ですからね。
タグ:米ドル円
posted by 300pips at 12:50| Comment(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。